ホワイトニング

エステサロンと歯科医院のホワイトニングの違い

最近はエステサロンで受けるホワイトニングも登場してきました。
それでは、歯科医院でホワイトニングを受けるメリットはどこにあるのでしょうか?

エステサロンの場合、医療機関ではないため医療行為は行えません。
患者様の口にかかわる行為が本来はできないのです。
あくまでご自身で薬剤を使用するホワイトニングだと考えられます。

歯科医院の場合、お口の治療行為が許された衛生士が施術します。
ホワイトニングができるお口の状態かどうかをしっかり見極めて施術しなければ満足な結果は得られません。
衛生士は言わばお口のプロですから、安心して治療を受けられます。

また、極端に安価なホワイトニングにはご自身でクリニック向けの高濃度の薬剤を使用する場合もあるようです。
高濃度の薬剤は誤って塗ってしまうと唇が爛れてしまうことも考えられます。
安全で美しい仕上がりを求める方は、歯科医院で一度ご相談することをおすすめします。

ホワイトニングを受ける前に知って頂きたいこと

アフターケア

ホワイトニングの効果は永久ではありません。
少しずつ着色が進みますので、白い歯をキープするために歯磨きをしっかり行いましょう。
また、定期的なクリーニングや半年後を目安に追加ホワイトニングをおすすめします。
ホームホワイトニングの併用も効果的です。

虫歯や歯周病の方

虫歯がある方:薬剤がしみる場合が多く、先に治療をおすすめします。
歯周病の方:歯茎が炎症を起こしている場合、優先すべき順番は歯周病の治療になります。
ホワイトニング前に歯と歯肉を健康にしておく事が満足な効果を得るには不可欠です。

妊娠中や授乳中の方について

直接的な影響は有りませんが、施術時の緊張や刺激などで、ホルモンバランスが崩れ、体調に影響を及ぼす可能性がありますのでお避け下さい。

ホワイトニングの安全性について

ホワイトニングの薬は安全性が確認されており(厚生労働省認可済)、歯が弱くなるようなことはありませんので、ご安心ください。

神経の無い歯について

義歯、修復を受けている歯、無髄歯、薬品で変色した歯、薬の塗れない奥歯は効果が得られないことがあります。まずはご相談ください。

内金について

当院では内金制度を採用しています。これはお待たせせずに施術するためにお部屋やスタッフをご予約に合わせて確保しており、急なキャンセルを極力お控え頂く目的でやむなく採用している制度です。
内金は、ホワイトニング施術の前(ご予約時またはカウンセリング時)に頂いております※。残りの費用は施術当日にお支払い下さい。
予約日の2日前からのキャンセル時には、理由の如何を問わず、内金をキャンセル料として頂戴致します。何卒ご理解ください。
(例)木曜日のご予約でキャンセル時
※内金金額:2,000円

月曜日 ○ 内金は返却致します。
火曜日 × キャンセル費を負担して頂きます。
水曜日 × キャンセル費を負担して頂きます。
木曜日 予約日

2日前からは、内金は返却いたしません。

白くなる度合いについて

歯の状態・生活習慣等で効果が異なりますので詳しくはご相談ください。