訪問歯科

院長紹介

DIRECTOR

院長
歯学博士
猪股裕士

医療法人社団 裕歯会
イノマタデンタルクリニック院長
五橋オフィス 常勤治療責任者
MESSAGE メッセージ


歯科医師は技術者でもあるのでお仕事上で「ま、いいか」の技術的な妥協はしたくないと思っています。
治療の内容を最終的に決めるのはいつも患者さん本人です。
私と私のスタッフは患者さんが最も自分に合った判断ができるようにサポートするのが目標です。

CAREER 略歴


1985年 東北大学 歯学部 卒業
1986年 イノマタデンタルクリニック設立

LICENCE 資格


歯学博士
日本顎咬合学会 会員
日本糖尿病協会 登録医
日本歯科放射線学会
歯科エックス線優良医

日本歯周病学会 会員
日本基礎歯学会 会員
アメリカ審美学会 会員
インプラント学会 会員
アメリカインプラント学会 会員
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会 会員
日本口臭学会 会員
日本口腔ケア学会 会員
日本顎口腔機能学会 会員
イノマタデンタルクリニックは、
「東北大学病院付属歯科医療センター共同診療医院」です。

JR仙台病院 登録医(往診)/仙台市立病院 登録医(地域連携)
東北公済病院 登録医(地域連携)/宮城県歯科医師会 訪問歯科相談室 認定医
在宅療養支援歯科診療所

私たちが往診チームです

私たちが往診チームです

往診チーム

歯科医師 猪股裕佳

院内、往診と両方に勤務しています。
「食べること」はみんなの楽しみです。その楽しみを失わないよう、全力でサポートしたいと思い毎日頑張っています。
治療においては色々な心配事がつきものです。なんでも気軽にお尋ね下さい。
治療受けるご本人、家族が安心して治療を受けてもらうのが私の目標です。

歯科医師 猪股裕輝

歯科医師の猪股裕輝です。
訪問診療での歯科医師の役割は虫歯や入れ歯の治療だけではなく、利用者様やご家族の方に寄り添い信頼を築いていくことが大切と考えています。何かお困りのことがありましたらお気軽にご相談いただけると幸いです。

歯科医師 菅原文節

患者様に合う入れ歯を作製することで噛む機能が向上し良好な健康状態を保つことができます。
これまで培った技術を活かして認知面の低下がある患者様の義歯新製に努めております。
■東京歯科大学歯科補綴学第一講座出身

歯科医師 猪股実祐

“歯”だけでなく“食や生活”のことまで考えて患者さんに寄り添うことができる訪問歯科のお仕事にとてもやりがいを感じています。
イノマタの特徴である多職種連携を活かしながら、「今日はイノマタが来る日だ!」と楽しみにしてもらえるようにスタッフ一同工夫して診療を進めていきます。
日々の口腔ケアの方法やちょっとした入れ歯の違和感など、気になることがあれば、小さなことでも何でもお気軽にご相談ください!!

歯科医師 原田

歯科医師の原田と申します。全身状態を考慮して日々診療しております。
出来るだけ患者様の負担にならないように寄り添った治療を行っていきたいと考えています。患者様とご家族がより良い生活を送れるようにお手伝いさせてください。

歯科医師 竹内晶子

訪問診療を担当しています。歯の治療はもちろん、飲み込みや食事に関するお悩みもどんどんご相談ください。

歯科衛生士 八巻裕美

歯科衛生士の八巻です。
訪問診療を始めてから数年が経ち、長く関わらせていただいいている患者様も増えてきました。担当スタッフの名前や顔を覚えて頂き、毎週口腔ケアを楽しみにしている方もいらっしゃいます。感謝の言葉や笑顔がとても励みになっています。
これからも患者様とのコミュニケーションを大切にしながら、小さな変化にも気づき、そして当院の強みでもある多職種と連携しながら皆様の「健口」をサポートしていきたいと思います。

歯科衛生士 巽真須美

歯科衛生士の巽真須美です。
訪問歯科の衛生士になって今年6年目になります。
日々勉強の毎日ですが少しでも患者様のお役に立てるようこれからも頑張って行きたいと思っています。気軽にご相談下さい。

歯科衛生士 今西純子

訪問歯科は、いろいろな職種との連携が大切で、とても勉強になります。自分も昨年の秋に、入院して健康や美味しく食べられることへの有り難さを再認識しました。
イノマタ訪問スタッフの皆さんの温かい励ましもあり、復帰することが出来ました。これからも患者様やご家族様の気持ちに寄り添った仕事をするように努めていきたいです。

歯科衛生士 千葉良子

口腔ケアを通して高齢者と関わることは学ぶこと、考えさせられる事がとても多くあります。高齢者にとって毎日の歯磨きはしているが、磨けていない事が多く、定期的な口腔ケアはとても重要です。
歯科医師・衛生士・言語聴覚士・理学療法士との連携を取りながら、今後も勉強していきたいと思います。

看護師 長谷部

人生の中で自分の家族の誰かに介護が必要になった時が最も不安に感じる時ではないかと思います。そんな時に頼って貰える存在でありたいと願い往診歯科に参りました。
歯科に対していかに安心して頂けるか、いかに満足して頂けるかという事を追及し続けて参りたいと思います。お困りの時は、お気軽にお声掛けください。

看護師 保土澤

前職では介護施設に勤めており「食べる」事に関して試行錯誤する場面が多くありました。
しかし、改めて摂食・嚥下に関わることで入れ歯の大切さ・食べる時の姿勢・疾患によって、対応の仕方など当たり前のように普段認識している沢山のことが、どれだけ大切なものかを学ばせて頂いています。

歯科助手 浅野真実子

当院の往診チームでは、歯科医師・歯科衛生士だけでなく、言語聴覚士・理学療法士・看護師も在籍しているため、様々な分野から患者様の健康を維持できるようにサポートしています。
歯科医師の診療がスムーズにいくよう患者様とコミュニケーションをとりながら補助しています。

歯科助手 菅野千春

往診ドクターの補助を行っている菅野です。まだまだ、足りないところだらけですが、日々勉強して患者様、ご家族様が、気持ち良くケア、治療が行えるようにサポートして行きたいです。

歯科助手 草野麗子

結婚・出産を機に歯科助手として長年のブランクがありましたが、今は訪問歯科の歯科助手として働いて2年半が過ぎました。家庭と両立しながら働けている環境に感謝しています。
患者様の不安を少しでも取り除き、ドクターがスムーズに治療できるよう心がけています。

理学療法士 小石川紀男

食事を安全に摂取するには、嚥下機能も非常に大切ですが、それに加えて姿勢が安定することも非常に大切です。身体が傾いた状態ですと嚥下に必要な筋が正常に働きづらいことが分かっています。また、呼吸機能の低下が誤嚥リスクを高めることも同様です。
当院では、理学療法士がリハビリ、環境調整、自主訓練のアドバイスなどを実施し、姿勢・呼吸の安定をサポート致します。

言語聴覚士 今井真理子

言語聴覚士とは『コミュニケーション』や『食べる機能を支える』リハビリのスペシャリストです。H26年から言語聴覚士(ST)が当院の訪問歯科チームの一員に加わり、摂食嚥下機能障害、口腔機能低下症の方々のリハビリ・指導、支援を担当しています。
私がリハビリの中で最も大事にしていることは、患者さんの「できる事」に着目して能力を引き出していく事です。「食欲」は、「生きる意欲」に繋がります。「生きる意欲」を引き出せるようなリハビリを心がけていきたいと思っております。
イノマタ訪問チームのメンバーは思いやりのある方々が多く、日々楽しくお仕事させて頂いています。

・日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
・LSVT LOUD(パーキンソン病発話障害)認定士
※写真のない方は、個人の希望で写真の掲載を控えさせて頂いております。