仙台市青葉区にある審美歯科・インプラントのイノマタデンタルクリニックです。

お悩み相談室

Cさん女性(52歳)からのご相談

・数年前にかぶせたブリッジ部分に食べ物が挟まりやすく、歯が磨きづらい。
・つながった被せものではなく、インプラントを入れて単独の歯にしたい。
・銀歯も気になっているので、キレイな白い歯にしたい。

具体的な症状

【ブリッジ不適合】 不適合なブリッジによる食べ物の詰まり。また連結されている状態のためデンタルフロスも通らず清掃しづらくなっていた。
【歯周病】 全体的に歯肉の炎症、出血が見られ歯周病の進行も認められた。

治療内容

【ブリッジ不適合】インプラント、被せものをオールセラミックにして根管治療(歯の神経・根の治療)
【歯周病】歯周病を徹底的に治すプラン(TDS)を実施。

■インプラント
歯を失った部分に、人工の歯根を埋め込み、それに人工の歯をとりつける治療。自分の歯と同じように噛めます。

■オールセラミック(プロセラ)
歯の被せもの。金属を使用しておらず、見た目(色調・明るさ)がよいのが特徴。

■歯周病治療プランTDS
患者さんそれぞれのリスクに合わせて、フッ素塗布等の薬を利用した、積極的な予防処置。リスク管理をサポート。

■ブリッジ
歯を失った部分に、人工の歯を取り付ける治療の一つです。架橋義歯とも。両側の歯を削って支柱にする必要が有る。

担当スタッフより一言

担当スタッフより一言
人工歯が連結されているブリッジは、周囲の歯や歯肉と合わなくなると食べ物が挟まりやすくなり、不衛生な状態になります。その解決策として、今回はブリッジ部分をインプラントにし、他の歯も白く美しく整えることにしました。

担当/赤間 亜久里 Aguri Akama