仙台市青葉区にある審美歯科・インプラントのイノマタデンタルクリニックです。

お役立ちブログ

歯医者に行きたくても行けない方へ

鎮静療法
blog-img22.jpg

虫歯は自然に治ることはなく、そのままにしておくと痛みがひどくなったり炎症やほかの病気を引き起こしたりする場合もあります。また、悪化するほど治療に時間も費用も多くかかるようになるため要注意です。虫歯に気付いたら早めに治療することが大切ですが、人によってさまざまな理由から歯医者に行けず放置してしまうこともあるでしょう。そこで、この記事では、歯医者に行けない原因やその原因の解決策などについて紹介します。

歯医者に行けない4つの原因
歯医者に行きたくても行けない原因は人それぞれですが、一般的に多くみられる原因は4つあります。

歯科治療が怖い、苦手、トラウマがあるケース
過去に受けた歯の治療で嫌な思いをしたことがあり、それがトラウマとなって歯医者に行くことに強い不安や恐怖を感じる人もいます。

治療中にパニック障害が起こることが心配で行けないケース
病気が原因ではなく特に何かの理由があるわけでもないのに、突然めまいや動機、吐き気、手足の震えなどの発作症状が起こることがあります。過去に発症経験がある場合には特に歯医者へ行くことに不安を感じることでしょう。

口のなかに物を入れられるのが苦手であることが原因となっているケース
歯の治療の際には、虫歯を削ったり唾液を吸い取ったりするために何かしらの治療器具を口腔内に入れることが必須です。しかし、人によっては口腔内にものが入ると嘔吐反射と呼ばれる強い吐き気が起こることもあり、症状が出ることが嫌で歯医者に行けない場合もあります。

高齢や体が不自由などの理由で通院出来ないケース
この場合には訪問歯科への相談がおすすめです。

イノマタデンタルクリニックでは訪問歯科もやっておりますのでお気軽にご相談ください。

詳しくはコチラから



歯医者への不信感が原因で行けなくなることも
歯医者へ行くことへの不安は、治療する歯科医師との信頼関係から生じる場合もあります。信頼関係が確立されていない状態のなか不安感や緊張感を強く持って治療を受けると、小さな違和感にも敏感に反応してしまい、痛みや苦痛をより強く感じる事があるからです。逆にいえば、歯科医師を信頼していてリラックスした状態で治療を受けられると、つらい思いをすることなく治療を終えられる場合もあります。心配なことは気軽に相談してみながら進めていきましょう。

不安や苦痛を避けて治療をしたいなら寝ている間に終わる鎮静療法がおすすめ
鎮静療法での無痛治療なら安心して治療を受けられます。上記の理由で歯医者に行けず困っていた方でも、静脈内鎮静法は事前に鎮静剤を静脈内に点滴し、眠っている間に歯の治療を終えてしまう方法です。睡眠中の治療であるため治療中に不安による症状が発症することや痛みを感じることはありません。睡眠とはいっても全身麻酔ではないため、眠ってはいるものの声をかければ反応できる状態です。

仙台市でも鎮静治療はできる!
歯医者の治療法は病院によって異なるため、自分が安心できる治療法を取り入れているところを上手に選びましょう。仙台市にも多くの歯医者があり、なかには無痛で治療できる鎮静治療を取り入れているところもあります。鎮静治療は数時間で終えられるため入院する必要はなく日帰りで受けることが可能です。

歯医者に行きたくても行けない人には鎮静治療がおすすめ
歯医者は年齢などにかかわらず苦手という人が少なくありません。特に、強い不安感や恐怖感を持っている人にとっては足が遠のきやすい場所です。しかし、鎮静治療なら痛みを感じないため不安や恐怖を覚えることなく睡眠中に治療を終えられます。虫歯などを悪化させて後で治療がおおごとになることを避けるためにも歯医者に行けずに困っている人は信頼できる歯医者を見つけて鎮静治療を検討してみるとよいでしょう。

最新の記事一覧

  • すべて
  • 訪問歯科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 鎮静療法
  • その他
  • 口臭治療