仙台市青葉区にある審美歯科・インプラントのイノマタデンタルクリニックです。

ホワイトニング体験談5

ホワイトニング体験談その5

ホワイトニングをするきっかけは 何だったのですか?

役員になったのを機に、 禁煙とホワイトニングを決意

若い頃からたばこを吸い続けていたら、歯がヤニで黒く変色してしまったんです。色んな歯磨きを試してみたものの効果はさっぱりで、「しょうがないな」と最近ではすっかり諦めていました。ある日、テレビで同じように歯がヤニで変色した男性がホワイトニングを受けて真っ白い歯を取り戻したのを見て、興味を持ちました。丁度その頃、会社の役員になった事もあり、思い切ってホワイトニングを受けてみることにしたんです。今や、喫煙していること自体が、管理職にはマイナスな時代ですからね。歯のヤニを取り除くと同時に禁煙も決意しました。

どんな治療をされたのですか?

まず1ヶ月掛けて歯並びの矯正と 歯周外科処理から開始

ホワイトニングと同時に歯並びの矯正、歯周外科処理を提案されました。歯並びが悪いことが、磨き残しを作り、ヤニや色素の沈着を促進しているとの事でした。また歯垢も溜まっていて、歯周病がかなり進行していたことから、まずは健全な口腔環境をとりもどすために、外科的治療をする事になったんです。かなりの時間を覚悟しましたが、治療は順調に進み、思ったよりも早くホワイトニングに取り掛かってもらえました。結果は想像以上で、ヤニは驚くほど綺麗に取れ、黒ずみの酷い歯と欠けていた歯にはラミネートベニアという薄いかぶせ物を取り付けてもらい、まるで若者のような歯を手に入れることが出来たんです。

ホワイトニングの後は、 どう変わりましたか?

口臭や知覚過敏も治り、 順調に仕事をこなす毎日

歯垢を掃除して歯周病も治療したためか、気になっていた口臭が消えたようです。真っ白で歯並びの良い口元は、相手に好印象を与えるようで、役員になってからいろいろと人に会うことが増えましたが、なんとか順調に仕事をこなすことが出来ています。実は他に気になっていた知覚過敏もしっかり処理してもらったので、今は仕事帰りのビールが殊更に旨いですね。以前は一緒に出かけるのを嫌っていた女房も、最近ではよく一緒に食べ歩きに出かけるようになったんですよ(笑)。

担当歯科衛生士から

単に白くするのではなく「健康で美しい歯」を

ホワイトニングを希望される方の多くが、歯並びや噛み合わせの問題を抱えています。歯ブラシが届きにくい部分が多いため、歯石がたまりやすく、放置しておくと歯周病になり、歯を失う心配もあります。
歯のマニキュアなどでも歯の表面を白く見せることは出来ますが、それでは歯自体の抱える問題を放置してしまうことになり、後々問題が発生しかねません。
歯は、綺麗な歯並びや健康な歯茎も揃って初めて、美しさが輝くもの。単に白くするのではなく「健康で美しい歯」を手に入れるために、ホワイトニングを考えることが大切だといつもお話しさせて頂いています。