仙台市青葉区にある審美歯科・インプラントのイノマタデンタルクリニックです。

大人の情報誌 りらく 好評連載中

第27回 手術後すぐに食事や会話ができるインプラントはないの?

手術後4~5ヶ月も入れ歯で過ごすのはためらう…

お盆に行った20年ぶりの同窓会で、昔パッとしなかった友人が生き生きと話していてびっくり。入れ歯をやめてインプラントにしたとかで「インプラントは見栄えが良くて、なんでも食えるし会話も自然。」と自信満々。一方私の歯は手入れが悪かったのか残り少なくなり、残っている歯もグラついて今にも抜けそうな状態。インプラントにして友人のようになりたい、と思ったものの、よく聞くと手術後4~5ヶ月は取り外し式の入れ歯で過ごすことになり、その間は見た目が不自然で食事も制限があったとのこと。仕事柄、何か月も入れ歯で我慢するのは避けたいのですが、何か良い方法はないのでしょうか?

55歳 営業職 男性

インプラントと顎の骨の一体化には通常は時間がかかります。

営業職とのことですので、人前で話したり、お取引先と会食することも多いことでしょう。不自然な入れ歯の期間が長く続くのは困りますよね。歯科インプラント治療は、歯の土台となるインプラントを顎の骨に埋め込み、そこへ人工の歯を取り付ける方法です。埋め込まれたインプラントは徐々に顎の骨と一体化して、しっかりと歯を支えられるようになるのですが、これには人によって3ヶ月~6ヶ月程度の時間が必要なのです。この時期に無理な力を加えてしまうと、骨とインプラントが一体化しないおそれがあり、従来は固定式の歯をすぐに入れる事が出来ませんでした。このため、手術後しばらくの間は着脱式の入れ歯で様子を見ることになり、硬いものが食べられなかったり、見た目や会話が不自然になったりする事もありました。
サンプル画像

術後すぐに自然な会話や食事ができる即時加重インプラント。

今ではコンピュータガイドによる正確な手術と、非常に精密につくられる固定式の仮歯のおかげで、手術当日から自然な食事や会話ができる即時加重という方法が登場しています。ただし、顎の骨の状態が良い事や、糖尿病や心臓病、内臓疾患がないといった条件をクリアする必要がありますので、しっかり検査して適切な治療を行っておくことも必要です。ご相談者のように仕事上の事情がある場合などは、即時加重の可否をインプラントの実績が豊富な歯科医院に相談してみてはいかがでしょうか。