仙台市青葉区にある審美歯科・インプラントのイノマタデンタルクリニックです。

大人の情報誌 りらく 好評連載中

第15回 インプラントは術後の痛みや腫れが長引くもの?

インプラントで自分の歯のように噛みたい! でも痛みや腫れが長期間続くと聞いたので心配。

知人がインプラント手術をした際、痛みや腫れが半月以上続き、その上投薬治療も受けたと聞きました。一方で別の知人は、3日ほどで普通に戻ったと言っています。なぜこんなにも術後の経過に違いがあるのでしょうか?自分も好きだったスルメやたくあんを食べられるようになりたいので、インプラントにしたいのですが、腫れや痛みが続くのが不安で迷っています。

66歳 文筆業 男性

長くても1週間以内が目安

サンプル画像
インプラント手術後、腫れや痛みが引くまでの時間は、早い人で2~3日、長くても1週間が目安です。これ以上続く場合は細菌の感染や、骨のヤケドなどのトラブルが疑われます。その場合は抗菌剤の投薬などで様子を見ますが、最悪の場合再手術というケースも…。手術前の検査の不備、医師や医療チームの知識・技術不足などが術後の経過に大きなバラツキを生んでいるというのが、残念ながら現実です。

外科的なダメージを最小化する 治療体制の整った病院選びを

サンプル画像
術後の痛みや腫れを軽減するには、まず次のような事前準備が大切です。
①歯周病や虫歯の治療(インプラント手術部分への感染防止)
②手術前の入念な検査(X線、CT、血液検査等)と体調管理(疲れや病気のチェック)など。

その上で、訓練された医療チームと先端技術(コンピューター・ガイデット・サージェリー等)の採用等により、手術時間の短縮と腫れや痛みを最小化することが可能になります。
最近では、メスで切開する事も縫合する必要もない最先端の手術を行っているクリニックもあり、しかも手術そのものは約1時間で終了するため、仕事をお持ちの方にも手軽にご利用頂けます。
このようにインプラント手術は事前検準備(検査・治療・体調管理)と、訓練された医療チームによる先端治療を適切に行えば、腫れや痛みが長引く心配はありません。
まずは信頼できるクリニックへ相談されてはいかがでしょうか。