仙台市青葉区にある審美歯科・インプラントのイノマタデンタルクリニックです。

大人の情報誌 りらく 好評連載中

第7回「セカンドオピニオン」で不安を解消!

総入れ歯を勧められているが、自分の歯を残したい。でもかかりつけ医に伝えられず思い悩んでしまう…。

これまで何本かの歯が抜け、残る歯もいく分動いており歯周病が心配です。通院中の歯医者からは「すべての歯を抜いて総入れ歯に」と勧められましたが、私は自分の歯を残したいので、どうしたらよいか悩んでいます。それを先生に伝えたいのですが、治療中は忙しそうだし、気後れして言い出せないでいます。本当にもう自分の歯を残すことはできないのでしょうか。また、こういった相談にのってくれる歯医者はないのでしょうか。

69歳 無職 男性

理想的な治療法に出合う セカンドオピニオンとは

ご相談のように別の可能性を探りたいときは、主治医以外の医師に意見を求めるセカンドオピニオンが参考になります。医師によって経験・考え方・得意分野が異なり別の視点からの意見や治療方法の提案を受けられます。また治療前に医師と話が出来るので、価値観が合うか等歯科医選びの参考になる利点もあります。

より良い治療法のために 複数の歯科医とじっくり相談

サンプル画像
セカンドオピニオンに行くと主治医に後ろめたいと感じる方もいますが、ご自身のよりよい治療のためにいろいろな考えを聞くのは決して悪いことではないと思います。当院ではセカンドオピニオンとして利用できる60分間有料制のプライベート・カウンセリングがあります。患者さんの要望をすべてお聞きし必要が有れば検査をした上で、その方の価値観に合わせた治療法を提案しています。検査料は保険でまかなえます。ご相談に似た当院の事例では、歯周病治療とインプラントを併用した歯を抜かない治療をご提案したこともありますが、各々状態が異なりますので同様な判断にならないこともあります。いずれにしても今一度かかりつけ医とご相談なさり、治療法を再度検討してもよいのではないでしょうか。その上でセカンドオピニオンの体制を整えている歯科医に相談し、後悔の無い治療法を見つけて頂きたいです。