仙台市青葉区にある審美歯科・インプラントのイノマタデンタルクリニックです。

大人の情報誌 りらく 好評連載中

りらく掲載の見開き特集

りらく世代の歯科相談室〜インプラント編〜

第1回 友だちと泊まりがけの旅行に行きたいけれど…入れ歯が気になって誘いに乗れないA美さんの話

大人の情報誌 りらく 好評連載中
友人たちから、よく旅行に誘われるA美さん(66)。けれど、まだ一度も参加したことはありません。歯周病で何本か歯が抜けてしまったため、部分入れ歯をしているのですが、泊りがけとなると手入れをしなければならないし、いくら友人とはいえ、入れ歯を取った姿を見られるのは気が引けます。旅行といえば食事も楽しみの一つですが、それすら、もし食べている最中に入れ歯が外れたらと思うと気が気ではありません。
旅行から帰ってきた友人たちの写真を見ると、皆、歯を出してにっこり。どれも楽しそうです。そのうち一人は、「最近インプラントにした」と話していました。
インプラントは高価で、事故もあるとテレビで聞いたことがあるけれど、そんなに良いものなのかしら──。そういえば食事に行ったとき、その友人はフランスパンを美味しそうに食べていたなあと思い出し、A美さんの心は揺れています。

りらく世代の歯科相談室〜介護編〜

第3回「入れ歯が欠けてしまった! 直したいけれど」 一人で外出が困難なC子さんのお悩み

大人の情報誌 りらく 好評連載中
一人暮らしのC子さんは。大抵の身の回りのことは自分でできますが、掃除や洗濯、調理など、家事を一人でこなすのは難しく、近くに住んでいる娘さんやヘルパーさんの手を借りています。
C子さんの悩みは、最近入れ歯が欠けてしまったこと。入れ歯を外して洗っているうち、何度か洗面台に落としてしまったのです。
よく見ると、他の歯にも何箇所かヒビが入っています。
足に不安を抱えているので、一人で歯医者さんまで行くことはできません。
少し欠けたくらいで使えない程でもないだろうと思っていましたが、欠けてしまった部分で舌を傷つけてしまい、食事がしにくくなってしまいました。

第2回「最近、同居する母を見ていると、やっぱり歳なんだなあって 感じるのよね」

大人の情報誌 りらく 好評連載中
B子さんは、70代も半ばにさしかかった実のお母さんと二人暮らし。
毎日の暮らしのなかで、お母さんの様子に衰えを感じています。
家のなかを歩いていても、絨毯とフローリングの境目など、ちょっとした段差につまずくようになりました。手に持った物も頻繁に落としてしまうので、割れ物を扱うときは要注意。
食べる量も減ってきたようにみえます。
それに近頃では、なにをしても「疲れた」とすぐに腰を下ろしてしまうのです。
「母はもう歳なのだ」と感じているB子さん。まだ先のことと思っていた「介護」もそろそろかと、頭を悩ませています。

第1回「高齢の父がせっかく作った食事を食べてくれない」

大人の情報誌 りらく 好評連載中
A子さんは、一人暮らしをしているお父さんのお世話に通う毎日。
お父さんは高齢のため、栄養や柔らかさを考えながら食事を作っています。
最近の悩みは、なにを作っても拒まれてしまうこと。
かつての好物を出しても、どれだけ工夫しても「いらない」の一点張りで、ほとほと困ってしまいました。
入れ歯は作ったばかりだし、特にこれといった病気もなく、病院に連れて行く理由も見当たらないように思えます。
けれど、このままではお父さんの体重は減る一方です。

りらく世代の歯科相談室

手術後すぐに食事や会話ができるインプラントはないの?

大人の情報誌 りらく 好評連載中
当院に寄せられた口臭のお悩み─ お盆に行った20年ぶりの同窓会で、昔パッとしなかった友人が生き生きと話していてびっくり。入れ歯をやめてインプラントにしたとかで「インプラントは見栄えが良くて、なんでも食えるし会話も自然。」と自信満々。

口臭の悩みを吹き飛ばしたい!

大人の情報誌 りらく 好評連載中
当院に寄せられた口臭のお悩み─ 年齢とともに口臭が悪化しているようで、悩んでいます。おしゃべりした時の相手の仕草が気になって、人と会う時はマスクを手放せない有り様。外出をするにも気後れするようになり、お洒落も楽しめなくなってきました。

安易に選んだインプラントで大後悔…

大人の情報誌 りらく 好評連載中
1本16万円の格安のインプラントに飛びついたら… 健康な歯と息で、再会の夏を!50歳になったばかりなのに歯が抜けてしまい、困っていました。そんな時ネットで見つけたのが、1本16万円のインプラント。自分の歯のような見栄えと噛み心地が取り戻せるというので、これだ!と思いました。

インプラントで若さと健康を取り戻す!

大人の情報誌 りらく 好評連載中
〝片噛み〟によって表情が老けてしまい、大ショック 健康な歯と息で、再会の夏を!この間久しぶりに夫と外食に行った時に「なんか顔が片方だけ老けてきたね」と言われ大ショック。鏡でよく見るとたしかに左右で違っていました。

患者さんのため、歯科医と主治医は二人三脚。

大人の情報誌 りらく 好評連載中
「持病のために諦めていたインプラント。でもやっぱり諦めきれない」方へ
“持病をコントロールしてインプラントを導入、噛める楽しみを取り戻しませんか?”

健康な歯と息で、再会の夏を!

大人の情報誌 りらく 好評連載中
GWに遊びに来た孫に「おばあちゃんのお口、臭い」と言われ、ショック…。お盆にはまた孫や親戚が遊びに来る予定なので、何とか口臭を無くしたいです。おまけに歯の黄ばみが目立つためか老けてみられることが多く、人と会うのが気が引けます。

友人の夫が誤嚥性肺炎で入院。食事中にむせる夫の健康が心配…

大人の情報誌 りらく 好評連載中
自宅介護だった友人のご主人が、食事中にむせるようになってその後「誤嚥性肺炎」で入院されました。今は病院で胃に栄養を直接いれる「胃ろう」をしていて、とても可哀そうと話をしていました。

食事の補助に一日6時間…介護疲れで倒れそう…

大人の情報誌 りらく 好評連載中
要介護3の夫を自宅で介護しています。私が食事の補助をしているのですが、最近虫歯が悪化し、入れ歯も合わなくなって来たようです。思うように噛むことが出来ず、こぼしたりむせたりするので食事を嫌がって中々すすみません。

前歯の黄ばみを気にせず、趣味を満喫したい!

大人の情報誌 りらく 好評連載中
この春、ようやく下の子が独立します。それを機に趣味のカラオケやフラダンスをもっともっと楽しもうと考えていますが、近頃前歯の黄ばみが気になり、人前で笑うときは口元に手をあてていました。

年とともに食べられるものが減り、気力が衰えてきた

大人の情報誌 りらく 好評連載中
昨年会社の飲み会で、焼き鳥をくわえ串をグイと横に引っ張ったら、歯がぐにゅっと動いてびっくり。おまけに野菜や肉の繊維が歯に挟まりやすくなり、食事の時は爪楊枝が手放せない状態です。この頃は堅いものや挟まりやすいものをさけるようになり、唯一の楽しみだったスルメで晩酌ができなくなりました。

入れ歯とインプラント、どちらを選んだらいいの?

大人の情報誌 りらく 好評連載中
歯周病を放置していたら、一気に4本も歯を失ってしまいました。近所の歯科医院で入れ歯を入れたのですが、食べられない物が案外多く、食事も楽しめない。しかも、歯周病はさらに悪化してその後も歯が次々抜け、今では10本しか自分の歯が残っていません。

自分の歯を守る!インプラントのメリットとは?

大人の情報誌 りらく 好評連載中
歯槽膿漏で、欠けた櫛のような口元になってしまいました。残っている歯で何とか食事していましたが、それもグラグラで、噛むのが怖いです。このまま抜けた所に入れ歯をさすのは人前で取れたりしないか気になるし、あまり噛めないようだと友達との食事も楽しくなくなってしまいます。

インプラントは術後の痛みや腫れが長引くもの?

大人の情報誌 りらく 好評連載中
知人がインプラント手術をした際、痛みや腫れが半月以上続き、その上投薬治療も受けたと聞きました。一方で別の知人は、3日ほどで普通に戻ったと言っています。

インプラント治療の注意点とは?

大人の情報誌 りらく 好評連載中
左下奥歯がグラグラして抜歯と言われました。入れ歯はちょっと嫌だし、好きなお肉が食べれなくなるのも避けたい。自分の歯のように噛めるというインプラントを奨められ「これだ!」と思ったのですが…

知覚過敏になる意外な原因とは?

大人の情報誌 りらく 好評連載中
夏の暑さのために最近よく冷たいものを口にしますが、前歯がしみて困っています。歯がしみるのは知覚過敏が原因と聞きますが、なぜ知覚過敏になるのでしょうか?

手術やがん治療時に必要なお口のケアとは?

大人の情報誌 りらく 好評連載中
先日受けた検診の結果が思わしくなく、精密検査を行ったところ早期の胃がんが発見されました。詳しく検査した後、手術を含む治療が行われる予定です。

歯みがきで長生きできるって本当?!

大人の情報誌 りらく 好評連載中
同居している83歳の父が風邪をこじらせてしまい、それが原因で寝ていることが多くなってしまいました。最近は運動をしないせいか食が細くなり、飲み込みも悪くなっているようで心配しています。

インプラント治療のトラブルが増えている!?

大人の情報誌 りらく 好評連載中
現在2本の歯が欠損していて、家の近所の歯医者でインプラントをすすめられています。先生からは「自分の歯のように噛めて食事がおいしくなる」と言われて治療をしてみようと思っていたのですが、先日テレビでインプラント治療による事故が増えているという話題がありました。

入れ歯とインプラント、どちらを選ぶ?

大人の情報誌 りらく 好評連載中
現在、歯が何本か抜けた状態で過ごしていますが、息子に見た目が悪いと言われ、入れ歯などを検討しようと思っています。インプラントにも興味があるのですが値段が高いようで、歯医者にもなかなか聞きづらい状態です。

若々しさを保つお口の身だしなみ対策

大人の情報誌 りらく 好評連載中
数年前から入れ歯をしており、年のせいか最近口のまわりが老けたなあ、と自分で感じていましたが、追い打ちをかけるように一緒に暮らす孫から「口が臭い」と言われ、悩んでいます。息子や孫の話では最近臭い始めたらしく、特に朝がひどいようです。

「セカンドオピニオン」で不安を解消!

大人の情報誌 りらく 好評連載中
これまで何本かの歯が抜け、残る歯もいく分動いており歯周病が心配です。通院中の歯医者からは「すべての歯を抜いて総入れ歯に」と勧められましたが、私は自分の歯を残したいので、どうしたらよいか悩んでいます。それを先生に伝えたいのですが、治療中は忙しそうだし、気後れして言い出せないでいます。

要介護・支援認定者に訪問歯科治療を!

大人の情報誌 りらく 好評連載中
同居している父は85歳で、足腰が弱く要介護の認定を受けています。歩くのも大変なので、散歩や通院など、なかなか外出ができません。そんな父が、痛みが出るからか最近入れ歯をしたがらなくなり、食が細くなって困っています。残っている歯も歯磨きをさせるのが大変ですし、むし歯も心配になってきました。

寝ている間に治療が終わるって本当!?

大人の情報誌 りらく 好評連載中
私は昔から歯医者が大の苦手で、あのキーンという音を想像しただけでもゾッとしますし、治療の日が近づくとドキドキして眠れません。歯医者に着くと頭が真っ白になって治療をやめたくなります。歯が痛んだり歯ぐきが腫れたりしても、我慢の限界がきたときだけ渋々歯医者に行っていました。

「噛む」ことが脳の活性化につながる!?

大人の情報誌 りらく 好評連載中
3年ほど前に歯周病で歯が抜け、今は部分的に入れ歯や、歯が抜けたままの状態です。食事の際はよく噛めないし、入れ歯が外れないかと気にかかって、食事が楽しくありません。

「噛み合わせ」を治すと顔の印象が若々しくなる!?

大人の情報誌 りらく 好評連載中
年齢が重なるにつれて、顔のシワが気になってきています。特にほうれい線が深く、年齢より老けて見えるように感じます。先日、友人から「入れ歯を新しくしたら噛み合わせが良くなって、顔の輪郭がスリムになって若返った感じがする」「噛み合わせが良くないと顔にシワが出る場合もある」と聞きました。

「噛み合わせ」を治すと頭痛・肩こりが軽減する!?

大人の情報誌 りらく 好評連載中
頭痛や肩こりに長年悩まされている専業主婦です。最近はコリがひどく、趣味の園芸もうつむく姿勢が辛くて楽しくできません。庭いじりも難しい年齢になったかと嘆いていましたが、どうも2~3年前、右下の奥歯を抜きっぱなしにして噛み合わせが悪くなってからコリがひどくなった気がします。

「歯周病」を治せば糖尿病が良くなるって本当!?

大人の情報誌 りらく 好評連載中
定年後は妻と温泉に行ったり、美味しいものを食べ歩いたりする夢がありますが、半年前に糖尿病と医者に指摘されてしまいました。治療開始し改善してきましたが、まだ不安定な状態です。さらに最近、入れ歯が合わなくなり口臭もすることから、歯周病なのではと気になり始めています。