仙台市青葉区にある審美歯科・インプラントのイノマタデンタルクリニックです。

お悩み相談室

Hさん男性(50歳)からのご相談

・力が入れられなくなった奥歯を治して、肉や根菜など何でも奥歯で噛めるようになりたい。
・今後も歯が抜けるか心配。今ある歯を少しでも長く持つようにしたい。
・接客業なので見た目が気になる。特に黒ずんでいる前歯と歯肉との境目をキレイにしたい。

具体的な症状

【歯周病】 歯周病が進行し、奥歯に力を入れにくくなった。
歯が無くなり連結して補っているため(ブリッジ)、他の歯の歯周病の進行も見られる。
【被せもの不具合】 前歯は以前に被せた被せものが合わなくなり、汚れも溜まりやすく歯肉が赤く腫れているのが分かる。
サンプル画像
■インプラント
歯を失った部分に、人工の歯根を埋め込み、それに人工の歯をとりつける治療。自分の歯と同じように噛めます。

■オールセラミック(プロセラ)
歯の被せもの。金属を使用しておらず、見た目(色調・明るさ)がよいのが特徴。

■セラミック
歯の被せもの。金属を使用しておらず、見た目(色調・明るさ)がよいのが特徴。

■ブリッジ
歯を失った部分に、人口の歯を取り付ける治療の一つです。架橋義歯とも。両側の歯を削って支柱にする必要が有。

担当スタッフより一言

担当スタッフより一言
進行していた奥歯の歯周病の治療を行い、欠損部にインプラントをいれたことで、しっかり奥歯で噛めるようになり他の歯への負担も軽減されました。前歯はオールセラミックで補完し、白い美しい歯を実現しています。

担当/庄司 紗枝子 Saeko shoji

治療後のお便り Hさん男性(50歳)

治療後のお便り
お肉もじっくり噛めるし、たくあんやゴボウも歯のことを気にせずバリバリ食べています。まるで自分の歯のように、自然な噛み心地なのがいいですね。心なしか笑顔も生き生きしているように感じて、仕事にも積極的になりました。